Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】吸血鬼ドラキュラ

吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
(1971/04)
ブラム ストーカー

商品詳細を見る

中世ヨーロッパの伝説から忽然としてよみがえった恐るべき吸血鬼の跳梁か?
ヨーロッパの辺境トランシルヴァニアに、無気味な謎に包まれて住む城主ドラキュラ伯爵の秘密。
昼は眠り、夜は目覚め、永遠の生命とともに人血を求めてさまよう呪われた吸血鬼の宿命。
現代の恐怖と怪奇を描いて百万読者の心胆を寒からしめる、名作怪異譚!
――amazonの出版社/著者からの内容紹介より

読んだのは結構前だったりするんですが…w
吸血鬼ものといったらまずはこれ、というほど有名なホラー小説。
でもって漫画「HELLSING」や様々な吸血鬼ものの原点でもある作品です。
自分自身はHELLSINGの最大の謎であったミナ・ハーカーについて知りたくて読んだのですが。
これが一番新しい和訳なんでしょうか。少し訳が古い感じなので最近の小説を読みなれてる方には少し読みにくいかも。
まぁ、映画「ヴァン・ヘルシング」もありますし、吸血鬼ものといいますと、吸血鬼VS退治屋のバトルシーンでアクションシーンが!なんてご想像されると思いますが、ところがどっこいそうではない。
これは限りある命を持つ人間としての生きる力と、不死ともいわれる吸血鬼の恐ろしい執念の対決であり、見どころはアクションシーンではないのだ。
迫りくる伯爵からの得体のしれない恐怖に怯えつつも、伯爵を倒そうとする四人の男たちと一人の女性の闘いなのだ。
といってもまぁ、結構後半になるまで一体どのように展開していくか見当がつかず、特に伯爵の実態がつかめぬまま話は進んでいく。だかそれが「ホラー」なのだと思う。
面白い作品でした。ミナに惚れる。ヘルシング教授にも惚れる。
ちなみにHELLSINGがきっかけで読み始める人、HELLSINGのような戦闘やかっこいいアーカードの旦那ことドラキュラ伯爵はないのでご了承を(笑

余談だが、ジョナサンと吸血鬼と聞いてジョジョを彷彿とさせるわけだが、案外、ジョジョの根本である人間賛歌な内容でもある作品です。

2006年度以前の記事を整頓しました

とはいっても、一部の記事を削除しただけですが。
主にXepher関係と、本サイトに収録した小説でブログで公開してなくてもいいやっていうものだけ。
Xepher関係、全く手を出さなくなったので、それに拍手もらってるのもなんだかなぁでしたし。
もう歌詞や解釈とかもMAYAさんの画集出てから解明されちゃったしね。
今まで読んでくださった方、ありがとうございました。

【映画】サマーウォーズ

みんなが観てきたよ報告しまくるから!!!
観なかったら負けな気がして観てきました!
面白かった!
実は「時をかける少女」は観てないんですがね、自分。

ネタバレなし感想を言うなら、コミュニケーションが大事なのが分かる映画。家族の団結力っていいなっていう映画です。
優しくなれるとか、そんなんじゃなくて、家族と、人と繋がってるってことはこんなにも強くなれるんだ。そんな映画です。
SNSであるOZに焦点があてられてて、OZすげーな部分もあるのですが、本当の人の繋がりっていうのはOZだけじゃない。ネット上だけじゃないのよって思いました。

陣内家みたいな親戚いいなぁと思います。自分も親戚は多いほうなのですが、ああいう親戚だったら会うのが嫌にならなさそうw
しかし就いてる職業的にチート一族な気もwwww
ケンジがカッコイイんだけど、結局カッコワルイ。それが逆にカッコイイというか。かっこよくなりすぎない方が人間味があっていい感じでした。
カズマは最初は生意気な子供なのかと思ってたんですが、結構年相応の子で、好感が持てました。
キング・カズマとラブマシーンの戦闘はかっこよかった!
ただ、クライマックスシーン…あれは花札のルール分かってない自分にとっては結構残念でした。すごさがわからない…(´・ω・`)
劇中でクライマックスシーンの他に花札のシーンがあるのですが、あれだけじゃ花札のルールというか、経験ある方が強い理由がわからないといいますか。
それでも燃えるといえば燃えましたがwwww
あと、DS使ってる人たくさんいるのにPSP使ってる人いなくてワロタwさすがにああいう親戚じゃ、PSPよりDSの方が普及してるかwww
あとあれだ、ショウタがKYすぎるwwwwwwwwww

みんなキング・カズマー!って騒いでますが、
私はおばあちゃんが一番かっこよくて素敵でたまりませんでした。
戦ったのは確かにカズマやケンジ達ですが
おばあちゃんあってのあの戦いなのです。おばあちゃんが一番すごい人。
私は栄おばあちゃんが一番好きだ!

個人的には総合的に★4つかな!
花札の説明不足と、ネタバレ感想に書く部分がなければ5つでもよかったかな。
やっぱりアニメ映画はこれぐらい盛り上がった方がいい。
ただ現実でOZみたいな管理方法がされてたら、むちゃくちゃ危ないと思う(笑

以下、ネタバレを含む感想。

続きを読む ≫

【オリジ短編】おやじトリップ

何か書きたくて書いてみた。
おやじさんが異世界にトリップ。
多分、続かない。
これをもとに書きたいことあって固まったら続き書くかもしれないけど。


さあ、英雄になりそこねた男よ。
今一度、英雄になる機会を与えてやろう。

続きを読む ≫

【小説】ローワンと黄金の谷の謎

ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)ローワンと黄金の谷の謎 (リンの谷のローワン 2)
(2001/07)
エミリー ロッダ

商品詳細を見る

伝説の“黄金の谷”は、本当に存在したのか?
リンの村を襲う敵の正体をあばくため、そして、二つの民の友情を守るため、ローワンは、地獄へと足を踏みいれる!
「ローワン」シリーズ、待望の第2巻。
――表紙あらすじより抜粋

実は数日前には読み終わってました。
ほぼ1日で読み終えてしまったんです、ええ。
でも1巻目を読んだからでしょうか、2巻目は面白みが少し増したかな。
1巻目の冒険を終えて、ローワンに何か劇的な変化があったかというと実はない。本質的にはローワンはローワンのまま。もちろん、それなりに成長はしているようですが。
その特別なようで特別じゃないのに好感が持てました。
さて今回は、リンの谷の人々と<旅の人>の話。
1巻目で冒険した山から持ち帰った果実を育てて他の地域で売って村を潤わせたい。そう思ってる村人たちにとっては突然の<旅の人>の来訪は厄介なわけで…。
そんな中、前作でも意味深な詞を言ったシバがまたもや、意味深な詞を…果たして詞のいう“敵”は<旅の人>たちなのか、もし彼らが敵となるなら「黄金の谷」の話はかかせない。しかしそれとも敵とは別のものなのか…。
と前半は疑心暗鬼なシーンで綴られます。西洋ファンタジーは同じ人間でも一族の違いだけで忌み嫌いあったりするのはよくあることです。西洋の感覚だからこそなので、日本人にはこの危機感はピンとはこないんだと思います(私もそうだったし)。ですが<旅の人>を信じるか信じないかは読者次第です。
そんな心の駆け引きなドキドキ感がこの巻にはあったと思います。
もちろん、1巻目と同じで個人的には格段に面白いわけじゃないのですが、世界観・設定とお話の長さの比率がいい感じだなぁと思います。
大人の方でさっくりとファンタジーを読みたい方に、みたいな。
時間があれば3巻目以降もどんどん読んでいこうと思います。

≪BACK || TOP || NEXT≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。