Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「亡国のイージス(上)」感想

映画「ローレライ」を見てから福井氏の本が読みたかったので。
本当は「終戦のローレライ」を読みたかったけど、4巻もあったので…;;
実はもう、下巻の5分の1は読み終わってたり(分厚いから)
夏休みに映画がやるということで、
映画を観に行く予定の人にはネタバレになるので要注意。
ついでにいうなら腐女子的発言も多々含まれますので、
純粋に楽しみたい方も読むのは控えた方がいいかも…。
それでもOKな方は続きを読んでくだされ。

序章は主に《いそかぜ》における主役格3人の紹介といいますか、経緯といいますか。
こっからもう伏線ありまくり。恐るべし。
最初は友人モニ曰くこの小説のヒロイン(笑)の如月行のエピソードなんですが…
しょっぱなから真っ暗。絶望のどん底に叩き落される少年・行が書かれてるわけで。
ぶっちゃけ言っちゃいますと、こういうのもヒロイン要素なのかしらと…(笑
絵を描くことについて結構述べられてるのに、伏線らしきものが。
次に宮津さんなのですが、行のエピソードに比べれば幾分マシかと(ぉぃ)
まぁ、これがきっかけになるわけで。
宮津の息子の葬式に現れた奴、こん時からコイツがイージスのヨン様(笑)ことヨンファかと思いましたし。
次に我らが先任伍長(笑)、仙石さん。彼がこの小説の主人公です(断定)
絵を描くことが好きというあたりから、行とくっつくのを予兆してます(微妙に違うぞ)
仙石さんから見れば行の第一印象はアイドルでも通用しそうらしいですv

一章から「亡国のイージス」の話が少しずつ見えてくるわけですが、勘のいい人や戦艦関連の知識がある人は序章で分かっちゃってるかも。
一章の初めがこの小説の本題の姿が見えてくるのですが、ぶっちゃけちゃうと難しい単語がかなり飛び交います。
幸さんこの部分は半分以上理解してなかったと思います(待

上巻で思った感想を簡単にまとめちゃうと、
 着々と進む訓練航海、次々に浮き上がる《いそかぜ》の背景。
 仙石との絵での会話や菊政や田所と一緒にいることで、段々と回りに馴染み始めてきたように見える行。
後の展開知った上で改めてここだけ読むと、この時が《いそかぜ》で一番平和だったんじゃないかなぁと思う。
 後から乗り込んできた指導隊(FTG)の微妙に不審な感じ。
でっかい荷物と一緒に来ただけで自分は「コイツらがヨン様率いる北の工作員たちじゃ?」と思った。
 後々に艦内で起こる事件と行の動きが妙にリンクしてしまう。
一体どっちが北の工作員なんだ?と悩んでいる時に、突然の事故により菊政が死亡。
菊政があること(面倒なので省略/ぉぃ)目撃してしまったというのを仙石に話した時から嫌な予感はしてたのですが…本当に予測がつかない。
挙句の果てにFTGの溝口は《いそかぜ》の目的と「行が北の工作員」発言を仙石に話した時、読者側としてはそれを信じ込む、または仙石と同じように半信半疑になるわけで。
その辺、すごくストーリーの作りがうまいですよ。
実際、行はヨンファ一味の企みを阻止するために潜入した政府の非公式機関(ダイス)の工作員で、
実はFTGがヨンファ一味なわけで、宮津は息子の仇だかなんかのために、また《いそかぜ》の幹部はそれに同調した人たちでと。
FTGがヨンファ一味だという予想は当たったですよ(特にヤツがヨンファだというのも)
でも仙石にはどっちを信じたらいいか分からなくて、結局艦長側を信じたわけで。もちろん行のことを信じてないわけではなかったのですが。
なんといっても行の一言

「あんたにだけは…信じてもらいたかった」

これを萌えと呼ばずしてなんと呼ぶかー!!!(待
あの人間不信の行が、仙石だけにはと…!
ヨンファと宮津のグル以外のクルーは離艦させられるわけですが、
行のノートの一枚の絵を見て自殺行為当然なのに艦に戻る仙石。

先任伍長、アンタ最高だよ…!!

とりあえず、もうちょっとだけ上巻の話はあるのですが、
自分が良いと思ったところは叫んだので終わりにします(中途半端!!)

ぶっちゃけると下巻の方が面白いです…当たり前か?

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/38-4c7cfd74

|| TOP ||

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。