Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポップン】神様の形【MZD(+α)】

なんとなく思いつきで。めっちゃ衝動的。
なので意味分からなかったらすみません。
+αなのは…ジャック以外はある意味誰でも良かったので。

余談ですが、一次創作にしろ、ポップンやニデラ、スマブラなどの二次創作にしろ、
“この世界”っていう表現(“”も含め)、実は好きです(笑

「あ、MZDじゃないですか」
「にー」
「よう、サトウにししゃも。相変わらずお前らは平和そうで何よりだぜ」
「そうですか?」
「みー!」

 彼の名はMZD。この世界の住人なら誰もが知っている。

「神様、こんにちはー!」
「よう、ポエット。今日もしあわせ配ってるか?」
「もちろんですよー!」

 彼はこの世界の神。この世界の住人なら誰もが知っている。

「ちょっとMZD!」
「次のパーティーの招待状書き終わってないよ!」
「おっと、ヤベェ!」

 彼はどんな態度をとろうと誰も咎めない。

「……またなんの用だ、馬鹿神」
「相変わらず冷たいぞー六ー。少しはデレてくれないと、ツンデレにはほど遠いぞー」
「……刀の錆になりたいか?」

 彼が神であることを誰も疑わない。

 それがMZDという神。

「初めは正直、信じられなかった。そもそも神なんていないと」
「お前の境遇じゃ仕方ないっちゃ仕方ねぇよな、ジャック」

 ただしそれは、彼の世界で生まれたもののみ当てはまること。


「他にもなんか言いたいことあるだろ?」
「……」
「遠慮すんな。そう簡単に傷つくようじゃ神様なんてつとまらねぇからよ」
「……初めてアンタが神だと名乗った時、人間の姿だったから信じられなかった」
「またなんでだ?」
「神がいるなら、絶対、人間の姿じゃないって思ってたから」
「人間はそこまで偉くないから、だろ?その考え」
「ああ」
「ジャック。なんでオレは人間の姿をしてると思う?」
「……分かるわけない」
「だろうな」
「…………っていうか、理由があるのか?」
「ある意味な。知りたいか?」
「少し、だけ」
「まず、神様っていう概念自身、人間が作ったもんだ」
「でも、この世界の人間以外の奴もアンタが神だと知ってる」
「まあな」
「だったら、おかしい」
「……実はな――――“この世界は人間によって作られた”からだよ」
「……は?」
「訳分かんねぇだろ。それでいいんだ。“分かっちゃいけない”んだよ、ジャック。これだけは」
「……やっぱりアンタはよく分からない」
「なんたって神様だしな」
「……」
「おいおい、そんな目で見るなよ。形なんて関係ない。オレはオレを神様って信じてくれる奴の神様だからな。
無論、今はお前だってオレを神だって信じてくれてるだろ?」
「“この世界”の、だけどな」
「“この世界の神様”だからな」

 彼はMZD。
 音を愛し、平和を愛する、“この世界の神様”である。

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/271-a16d3513

|| TOP ||

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。