Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】帝都物語 第参番

帝都物語〈第参番〉 (角川文庫)帝都物語〈第参番〉 (角川文庫)
(1995/06)
荒俣 宏

商品詳細を見る

気がついたら洋一郎が大変なことになった第参巻。
加藤があんまり出てこない第参番。
前半はなかなかに面白かったです。今まで風水絡みでしたが、今回は予言の力対決というか。
洋一郎の突然のシスコンっぷりもなかなかだったですが。
後半はなぁ…うーん…微妙?(苦笑
なんか今まであったハラハラしたものが薄かったような。
帝都物語の面白さの醍醐味はやっぱり加藤の破壊に対する執着なんだぁと、少し思った巻でした。
若干だれてきてます(ぉぃ
第四番も読み始めてますが、ちゃんと読みきれるかなぁ…。
そういう霊的な知識っていうのの深さ、他の方面とのつながりみたいなのは、ほほうと感心するのですが、知識を語ってるだけじゃやっぱりつまらんわけで。
しかし語らないと理解できない領域がメインなわけで。
説明してあるから、これはすごいものなんだっていうのは分かるのですが…ちょっとそれだけかなっていう(苦笑
でも、これだけの知識をためるのも、話として使うのも大変だとは思いますね。
個人的にはそれなりにあっさりしてて、自分で追及すれば濃くなるような設定で、
ハラハラやドキドキ、もしくはちょっとした感動やなんとも言えない感覚がするお話の方が好きですね。

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/258-2b23f6a4

|| TOP ||

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。