Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】パコと魔法の絵本

あの独特のカラフルな色彩が印象強いのと、CGがちょっと外国ものチックで面白そうというので観に行きました。
元々は舞台だそうですね。舞台版も観てみたいなぁ。
CMとか見てる限り、「ああ、これ絶対泣くわ(笑)」と思ってたのですが、案の定、鼻をすするほど号泣ですwww一体何回泣いてたんだろう自分って感じなぐらい何回も泣いてましたwwww
まっすぐな作品にはめっぽう弱いです、自分。続・三丁目の夕日でも泣いてたしね。
個人的な満足度としては5つ★中5つです。DVD出たら欲しい。ついでにサントラも今度買おう。BGM、結構好みなの多かった。
追記にネタバレを含む感想です。

ちなみにこれのあとに20世紀少年観ました(笑

記憶が一日しかもたないという時点で死亡フラグというか号泣フラグでしたね。
でも最初に泣いたのは死ぬとかそんなのではなく、クソジジイこと大貫が号泣するシーン。さびしいってこんな気持ちだよね。誰かに自分を留めてもらいたいってこんな気持ちだよね。
このお話自体が間近の死とかそういうものより、誰かに必要とされたい自分、自分が必要としている誰かがいることの大切さがいい。
でもって、そういう気持ちでも受身じゃなくて自分からいかないとね。
室町に自分の気持ちを思いっきりぶつけたタマ子のシーン。あれもボロボロ泣きました。やっぱりこういうのに涙腺弱い自分(笑
泣けるシーンもさることながら、ギャグシーンもかなり楽しい。CGもとってもコミカルで楽しい。独特な色彩とメイクのおかげか、実写の人物とCGとの馴染みも許容範囲内なので特に文句はなし。
でもってお話もCGの使い方もちゃんとメリハリがある。
清々しいですね、こう何も複雑なこと考えないで感じられるお話って。
全部話すと感動が勿体無い気がするので、ぜひ劇場でw

余談。
パコの時間はずっと今日。死んじゃうことで明日へ行ったのだと思う。
一日っていうのは生と死が起こる事情に似ている気がする。
いつか死ぬからこそ、明日があるんじゃないかな。
それと誰かの心にいるとは違う要素ではありそうだけれども。

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/251-fdca8104

|| TOP ||

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。