Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】ぬしさまへ

ぬしさまへぬしさまへ
(2003/05)
畠中 恵

商品詳細を見る

勧められて読んでおります「しゃばけ」シリーズの2冊目。
「しゃばけ」もそうでしたが、文章がとても読みやすいので気分的にも気軽に読める感じです。
この巻は「しゃばけ」と違って短編集になっています。
どれも大変な事件が起こって、それを若だんなこと一太郎が妖怪と共に解決していくわけですが、どこか心あたたまるような雰囲気です。
妖怪ものというとどこか陰鬱でおどろおどろしい感じがしますが、そんなことはなく、なんか妖怪が可愛く書かれています。
妖怪ものはだいたいが人の心の闇みたいなものが発端で現れるみたいなのが多いと思います(実際に自分はそんなに沢山妖怪ものを読んでいるわけじゃないので分かりませんが)。しかし、なんというかこの本の妖怪たちはみんな人間と本当仲良くなれそうな奴らばっかりです(笑
またそんなに焦って解決しようとしていないように(実際は焦ってたりするんですが)自分は感じます。マイペースというか。それがまたいいところですが。
松之助兄さんの話で唯一この巻の中で妖怪が関わってこない話である「空のビードロ」ですが、自分の中ではこれが一番好きな話です。
次点は、一太郎の傍にいる手代の一人で大妖・白沢である仁吉の昔話である「仁吉の想い人」です。切ないのですが、最後の結末で「そうなのかぁ」と思うようなほんわかさを感じました。
出てくる人物もみな本当人間くさくて(妖怪でもなんかそう感じてしまうわけで)可愛く感じました。
なんだかもうすっかりハマっております(笑

 コメント

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

トラックバックが未到着でした。
お手数ですが再トラックバックしてくださいますか?
トラックバックの方法は
管理ページのホーム、
トラックバックの管理から「送信元」で相手記事が出ます。
「返信」を押して、出てきた記事に
相手のトラックバックURLが書き込まれています。
「記事を保存」を押せば送れます。
ブラウザの「更新」を押して、
日時と「管理人の承認後に表示されます」が
表示されれば大丈夫です。
お待ちしていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/171-a4d1d4dd

ぬしさまへ 畠中恵

下線文きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調...

|| TOP ||

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。