Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【弐寺】神の定義【ホリエレ】

デラの小説だからスレッドテーマもデラのにした方がいいのか正直悩む(笑
そして書いてる途中で自分でも解らなくなりかけた(苦笑
神の定義なんて信じる何かのよって変わるし。
それに神の定義が一つだったらいろんな宗教なんてできません。
と、私自身は思う。
ってなわけで、続きを読むで本文へ~

「神は存在するんだろうか」
『らしくない質問だな。何かあったのか?』
「今日、またグラビティが来たんだ」
『グラビティ……あの重力少年か』
「うん。で、彼が見た夢の話を聞いたんだ」
『それに神が出てきたと?』
「神かどうかは分からない。本人もよく分かっていないようだったし。
 でも聞いた風貌がデータの中にある神話というのに似ている部分があった」
『それで神が存在するか気になったのか。面白い理由だな』
「……で、存在はするのか?」
『エレクトロ、お前自身はどう思う? 神は存在するのか否か』
「……分からない。
 神話や聖書でいう神は世界を創ったと言うけれど、科学的に考えれば世界は人為的に創られたわけではなく――
『そういうではない。言っただろう、“お前自身”はどう思う、と』
「……分からない」
『では質問を変えよう。
 もしお前が神がいると信じるならば、どういうものを神と呼ぶ?』
「……全てを創り、それを見守るものがそうなんじゃないかと思う」
『そうか。ならば、お前の全てを創った私はお前にとって神か?』
「……違う。ホリック、何が言いたいのか解らない」
『神とはその者の中にある定義によって異なる。
 見守る者を神だ、人を支配する者は神だ、などという。
 大昔には姿なき神を崇める者もいれば、像のある神を崇める者もいた。神話に出てくるような風貌の者を持つような者が神がいれば、我々と大差変わりない姿の神もいるやもしれん。
 ある者は神と言う存在を、悪魔だという別の者もいる。
 そしてお前は創造主を神だと思うと言ったが、お前の創造主である私は神でないと言った。
 実に興味深い矛盾だと思わないか』
「ホリックは、神は存在しないと?」
『科学的根拠を求めるならば、存在しない。それは単なる妄想だと定義できる。
 しかし我々が《神の創造物》だと定義するなら、存在するかもしれん。
 また定義が違えば――己が神であるとも言える』
「……ホリック、やっぱり俺には解らない」
『定義が違えば、誰でも神になれるということだ。
 仮想の世界ではなおさら――いや、まだそれは早かったな』
「……ホリック?」
『お前が《神》の存在を考えるには、まだまだ知識不足ということだ。
 そもそも神の存在を考えるなど、我々の分野ではなく哲学的分野だがな』
「……知識があれば解るのか?」
『それはお前次第だ、エレクトロ』

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/112-6f2683ec

|| TOP ||

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。