Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

友達に「何か面白い小説ない?」ときいたら貸してくれた本です。
久々に小説を読んで泣きました。
読み終わったあと、即行で買いに行きました。自分的にはそれぐらいいい話。
ああ、なんでこんなに真っ直ぐなんだろう!なんでこんなにも真っ直ぐな感情を出せるのだろう!そう思いました。
決して明るい話ではありません。前半の舞台は夜の森といわれる鬱蒼とした森だし、主人公ミミズクには悪人ばかりの村で奴隷・家畜扱いされていたというとても暗い背景があるし、起こる出来事もどちらかといえば暗い話です。
しかし物語の冒頭からミミズクという少女の何かが欠けているという不思議な雰囲気に心が引き寄せられてしまう。ミミズクと夜の王の間に生まれてくる何かにも引き寄せられてしまう。
あとがきの後に書いてある解説の中でも書いてあった「引力」というものを確かに感じさせられました。
ただ、やはりライトノベルですので人を選ぶと言えば選ぶかもしれません。ハードカバーの小説のような濃さを求めると物足りないと感じる人もいるかもしれません。これはライトノベルのおとぎ話だからの魅力だと思います。
そう、おとぎ話なのです。だから話の内容の濃さを求めるのではなく、主人公の気持ちを味わって欲しい感じです。
あと最近のライトノベルにある「萌え要素」というものは全然ないです。いや、人によってそれは萌えと感じるかもしれませんが、本当に純粋なお話なので萌えというよりも本当に可愛いとか愛おしいとかそういう気持ちになります。
この小説を読もうとする人にいうならば、「まっすぐさに感涙するよ!」って言いたいです。
スポンサーサイト

【小説】ぬしさまへ

ぬしさまへぬしさまへ
(2003/05)
畠中 恵

商品詳細を見る

勧められて読んでおります「しゃばけ」シリーズの2冊目。
「しゃばけ」もそうでしたが、文章がとても読みやすいので気分的にも気軽に読める感じです。
この巻は「しゃばけ」と違って短編集になっています。
どれも大変な事件が起こって、それを若だんなこと一太郎が妖怪と共に解決していくわけですが、どこか心あたたまるような雰囲気です。
妖怪ものというとどこか陰鬱でおどろおどろしい感じがしますが、そんなことはなく、なんか妖怪が可愛く書かれています。
妖怪ものはだいたいが人の心の闇みたいなものが発端で現れるみたいなのが多いと思います(実際に自分はそんなに沢山妖怪ものを読んでいるわけじゃないので分かりませんが)。しかし、なんというかこの本の妖怪たちはみんな人間と本当仲良くなれそうな奴らばっかりです(笑
またそんなに焦って解決しようとしていないように(実際は焦ってたりするんですが)自分は感じます。マイペースというか。それがまたいいところですが。
松之助兄さんの話で唯一この巻の中で妖怪が関わってこない話である「空のビードロ」ですが、自分の中ではこれが一番好きな話です。
次点は、一太郎の傍にいる手代の一人で大妖・白沢である仁吉の昔話である「仁吉の想い人」です。切ないのですが、最後の結末で「そうなのかぁ」と思うようなほんわかさを感じました。
出てくる人物もみな本当人間くさくて(妖怪でもなんかそう感じてしまうわけで)可愛く感じました。
なんだかもうすっかりハマっております(笑

【アニメ】天元突破グレンラガン感想・改【感想】

多少落ち着いたので再び感想。
今度はもう少し冷静な目で。
あくまで個人的な見解なので鵜呑みにはしないで頂きたい。


感想とは関係ありませんが、サントラ、マジでいいです。
さすがコナミ提供のアニメだからか、一曲一曲クオリティ高めです。
今までちゃんと聞けなかったラップやロックが聴けてうはうはvvv
結婚式のシーンのBGMはマジで泣けてくるよ…(´;ω;`)
キャラソンの方も後でちゃんと聴くべ!!
天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付)天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付)
(2007/10/03)
TVサントラ中川翔子

商品詳細を見る

続きを読む ≫

|| TOP ||

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。