Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】雪蟷螂

雪蟷螂 (電撃文庫)雪蟷螂 (電撃文庫)
(2009/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

涙も凍る冬の山脈に雪蟷螂の女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を―。
長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”とも言われるフェルビエ族の女族長アルテシアと、永遠生を信仰する敵族ミルデ族長オウガとの政略結婚だった。しかし、その約束の儀は、世代を超えて交錯する人々の想いにより阻まれる。
果たして、山脈の地に平和は訪れるのか。そして、極寒の地に舞う恋の行方は…。
 ――表紙あらすじより抜粋

紅玉さんが書かれる「人喰いと愛の物語」第三作目。
相変わらず紅玉さんの書かれる話は安定感があるので安心して読めてよかったです。悪く言えば展開が読めてしまうということなのですが、それでかつ、どうアクションを起こすのか気になるというのが持ち味な気もします。
「ミミズクと夜の王」と「MAMA」と比べると、随分としっかりと輪郭を持った文章な話だったなぁとも思いました。

読み終えて思ったのが「ああ、愛だなぁ」と呟く感じです。ついでに、女とは愛に生きる生き物なのだなぁと(笑
ミミズクもMAMAもそうですが、純粋だからこそ描ける愛だなぁと思いました。愛なんて人によって違うのですから、それが感動なのか、呆気なのか、やっぱり読む人によって違いが出てくるとは思いますが。
前の二作と比べて、雪山という厳しい世界が舞台だからなのか前半は個人的には程よい緊張感があってドキドキしました。
今回は愛の他にも「恋」が重要かも。結婚は戦いだとよくいうけれど、政略結婚の場合そこには「恋」はないわけで。でも相手を愛さなければいけない。結婚することによって成り立つ目的のために。
けれどもそれは思わぬもので阻まれるわけです。
血の臭いが漂う生死をかけた戦いの世界で生き、「恋」を知らないアルテシアが出す「愛」の答えとはいかに。そんな感じでした。
ボリュームも丁度良く、ミミズクのような感動はないにしろ感慨深いものはあったし、個人的にはなかなか楽しめました。


余談。
あの名前間違いは紅玉さんのミスなのか、印刷の原本を出す際の編集ミスなのか気になるんだが(笑
しかもそういう名前間違いって結構盛り上がってるところのシーンで多くないですかwww
たまーにそういう本を見かけると「おおい!?wwww」ってなりますwwww

 コメント

先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

http://yukiby.blog1.fc2.com/tb.php/269-dd41e03b

雪蟷螂 紅玉いづき

涙も凍る冬の山脈に女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を―。長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”と...

|| TOP ||

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。