Happy Going
見た作品紹介や日々思ったことなどをつづった超不定期ブログ。時々小話(短い小説)も。管理者はオタクです、多分。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】シン・ゴジラ

何年ぶりにブログに書き込むんだレベルですが、それだけの熱量の作品だったんですよシン・ゴジラ!
フォロワーさん達が続々とシン・ゴジラ観てきました、すごかったの報告があがってたので気になって観に行ってしまいました。

ネタバレなしでいうと
すごい作品と絶賛したい。だが二回目を観る気が全く起きない。
そう思わせるぐらいゴジラへの恐怖が感じられる作品だった。
IMAXや4DXで観てたら私の心は耐えられなかったですわ…。
あというなればこれは「日本のためのゴジラ」であり、海外でヒットしたギャレス版ゴジラでゴジラの魅力に惹かれた人向けではないものだということ。
おそらく日本以外では絶賛されないゴジラだと思いました。

以下、追記からはネタバレあり感想です。

続きを読む ≫

スポンサーサイト

【TRPGリプレイ】レッドドラゴン(第一夜・第一幕~第九幕)

ロールプレイングフィクション『RED DRAGON(レッドドラゴン)』

すべては、最高のフィクションのために。
『レッドドラゴン』――それは五人が織りなす、六夜の奇跡。

(『レッドドラゴン』公式サイトより)



1年と3ヶ月ぶりの記事ですね(苦笑)
今回はネットで公開されている「レッドドラゴン」というものを読みました。
前々から気になっていたのですが、やっと読みましたよ…!
タイトルにTRPGリプレイと入れてありますが、一応本作は「ロールプレイングフィクション」と銘打たれてます。
といっても、TRPGをベースに作られているシステムなので、色々と豪勢に用意されてるTRPGリプレイ小説といっても過言ではない感じでした。
FateシリーズなどTYPE-MOON系作品ではおなじみ奈須きのこさん
最近では「魔法少女まどか☆マギカ」で一般的にも有名になり、Fate/Zeroの執筆者でもある虚淵玄さん
「バッカーノ!」や「デュラララ」の成田良悟さん
といった豪華な顔ぶれだけでなく、
私もブログで感想を書かせて頂いた「ミミズクと夜の王」「MAMA」「雪蟷螂」の紅玉いづきさん、
音楽に「伝説のオウガバトル」「FFT」「FF12」のBGMを手がけた崎元仁さんと私得。
プレイヤーの一人でもあるしまどりるさんが手がけたヴィジュアルもあって、ゲーム系ファンタジー好きとしては垂涎ものです。
現在、第一夜の第九幕まで公開されていたのでそこまで読みました。
今後も更新され次第、感想を書きたいですね。

この作品、プレイヤーとFM(フィクションマスター。TRPGでいうところのGM、ゲームマスター)が進めた内容のリプレイ描写だけでなく、プレイヤーとFMのやりとりも文章として記述されてます。
なので純粋な小説ではありませぬ。ですがそのやりとりを見るのがまた面白いかったです。
最近、pixivで知り合った方々とちょっとだけソードワールド2.0でTRPGをしたり、
ニコニコ動画でTRPGリプレイ動画の「ゆっくり達のクトゥルフの呼び声TRPG」「ゆっくり妖夢と本当は怖いクトゥルフ神話」「アリアンロッド・リプレイ・ゆっくり」とか見てたのもあって、プレイヤー陣の会話のやりとりの面白さも感じとれたり、かなり想像力掻き立てられます。
もともとはじめる前に、それぞれプレイヤーの皆さんにキャラはこんなふうにしたい、というのを聞いてキャラのステータスなんか決められてるようで、普通のTRPGみたく、ダイスによってランダムに決められたゲーム序盤のキャラのステータスではなく、チートかがってる部分はすでにファンブル(絶対失敗)の目を出さなきゃ成功とか大ダメージとか、そんなステータスのキャラが普通にいるという、面白さも魅力かもしれませんね。
紅玉さんは相変わらずの異形と少女好きで、独特の価値観を演じてらして良いです。ヴァル可愛いよヴァル!…まぁ、しょっぱなからとんでもない選択をさせられるという、悲惨な目に遭われてますが…w
そして何より、虚淵さんの行動が読めないwwwwwww
なんというFM泣かせwwwwwwwさすが、バッドエンドと視聴者・読者を絶望に突き落とすことに定評のある虚淵さんwwwww
しまどりるさんが清涼剤すぎて、ある意味絶妙なバランスです。奈須さん頑張れ…wwww
あとTRPGにはつきものの、ダイスの女神様が変なところで荒ぶったりしてましたね…www 今後のダイスの女神様にも期待です。
今のところ、まだ成田さんのキャラは出てきてない(私の予想では、現在プレイヤー陣が会おうとしてるキャラかなーとは思ってるのですが)のもあり、これからの展開に期待です。

TRPGやりたい!プレイバイチャットやりたい!リプレイの小説書きたい!!そんな衝動にかられました。

デラプラストーリーモード

久々に描く記事かこれで申し訳ないのですが…
もう頃合いだろうと、某所でストーリーモードを見てまいりました、1話目だけ。

これはひどい

おい、どうしたGOLIさん!もうこれエロゲ?なんてエロシーンのないエロゲ!?
腹筋が、腹筋がもたない!これは実際にプレイしたら公開処刑ってレベルじゃねぇぞwwwww
バーテンエレキの立ち絵がピシャっときすぎててワロタwwwwwwww
そしてセム兄さん、胸見せるのデフォなの?デフォでいいの?wwwwww
いや、本当、どういう需要があってこのモード搭載したのかwwwwwwwwww
むしろ需要ないでしょ!?wwwww
CSのみのモードならCS買ってやったのになぁwwwwACじゃ需要皆無だろこれwwwww茶番劇ってレベルじゃないwww
パワプロ!?パワプロ臭がするwwww背景がときメモGSなパワプロと言わざるを得ないwwwww確かに両方とも同じコナミですけどwwwwwwww
ドラマCD、Vol1しか買ってなくて正解ですwwwwwww
いやはや、草ぼーぼーで申し訳ないwwwwww

ムビキャラまだー?ムビキャラ描いてよGOLIさーん…
あ、ストーリーモードはいらないです。あと、この延長線上っていうなら、ドラマCDのvol4も買わないです、絶対。

【映画】アンタッチャブル

アンタッチャブル(通常版) [DVD]アンタッチャブル(通常版) [DVD]
(2006/04/21)
ケビン・コスナーショーン・コネリー

商品詳細を見る

マフィア(ギャング)もの映画では有名どころの一作。
財務局の捜査官エリオット・ネス率いるチーム「アンタッチャブル」(手出し出来ない奴ら)がアメリカのギャング、アル・カポネを逮捕するのを描いた作品。実際にあった出来事をもとにしている。
冒頭から、ギャングの置いてったカバンを幼女が届けようとした矢先、そのカバンが爆発するなど、かなりド肝を抜かれるシーンがあったりと、ギャングの手段の選ばなさを描く一方で、ネス達がいかに法の裁きを下すため奮闘するのも描かれている。
マフィア・ギャングものっていうとその抗争とかギャングの悪・裏社会のダーティなかっこよさがおされることが多いですが、これはそれに立ち向かう人たちの話なので結構ハラハラはしましたw
途中、どんどん仲間が殺されてしまうところなんか、本当にカポネを逮捕なんてできるのだろうかと疑問に思うぐらいです。
銃撃戦もハラハラものです。事実ではネス達アンタッチャブルは銃撃戦はしてないらしいのですが、そこは映画というエンターテイメントに免じて許してください(笑
マフィア・ギャングものを描こうと思ってる方には一度見ておいてもいいかなと思う作品でした。
そういう系統を描こうとすると買収されている腐った役人の描写はあれど、裏社会の組織に対抗する政府・法律の組織の描写がおろそかになったりしますからね。
カポネはカポネで面白そうなので、カポネ自身を描いた作品がないかなーとちょっと思いました。

【漫画】青の祓魔師(エクソシスト) 1巻

青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

悪魔の血を継ぐ少年・奥村燐の前に、突如父を名乗る魔神(サタン)が現れ、悪魔が棲む虚無界(ゲヘナ)へと連れ去ろうとする。高名な祓魔師(エクソシスト)である養父は、命を懸けて燐を守り死んでしまう…。燐は己の無力さを悔やみ、祓魔師になって魔神と闘うことを強く決意するッ!!
――裏表紙のあらすじより

ロボとうさ吉」の作者さんの新作で、ジャンプスクウエアに連載中の漫画。
自分は加藤和恵先生の絵柄がかなり好みなので前作からファンだったりします。
悪魔と戦うエクソシストで学園ものだけでもよくあるパターンですが、話の展開もかなりベタな内容です。
主人公がサタン(悪魔の神)の落胤とか、双子の弟がいるけどそっちは悪魔の力がない代わりに実は幼い頃から…とか。
でもそのベタなところがいいかな。今後の展開次第で面白さが変わるだろうって意味合いでは。
ただ、ロボうさみたいに打ち切りで連載終了にならないことを祈ります(´・ω・`)

それにしてもこの人は一話に描くページ数が普通の月刊漫画より多い(普通の月刊誌コミックスは4、5話で1巻なのに、ロボうさ時代から1巻につき3話収録で丁度いいページ数)のに、なんかめっちゃすごい建物・背景とか描かれるので、過労とかで体調崩されたりしないのだろうかと思ってしまいます。

余談ですが、主人公・燐が「監獄かここは!!」と言った時の囚人服が番号も含めてロボうさのうさ吉だったwww

|| TOP || NEXT≫

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

幸 ゆきな


 Author : 幸 ゆきな


※当ブログでは、コメントや拍手の返信は返信が必要そうなもの以外しておりません

My favorites

Category

Recent Entries

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。